石垣島のダイビング観光について

沖縄3番目に大きな島

石垣島は沖縄県で3番目に大きな島で、ダイバーにも人気がある観光スポットになっています。

 

石垣島周辺には「マンタ」が生息していて、ダイバーなら一度は近くで見てみたい生物の一つでしょう。

インストラクターによってマンタのいるポイントに案内してくれるサービスもおこなっており、初めて石垣島でダイビングをする人でも高い確率でマンタに出会うことができます

。また、周辺の海域は沖縄県内でも浅場が多いので、ダイビングの初心者でも比較的安全なポイントとなっています。観光などで体験ダイビングをするのにも絶好なスポットとなっています。

また、沖縄県でも有数なサンゴ礁がほとんど手つかずで残っているので、世界最高レベルの美しさを味わうこともできます。海水温は1年を通して20度以下には下がらないので、

1年中観光を楽しめます。時期ごとの見所としては、10月から4月まではマンタをはじめイソマグロ、ハンマーヘッドシャーク、バラクーダなどが見られ、5,6月はさんご礁の産卵のピークを迎えます。

 

7月から9月の1年で最も暑い時期ではスカシテンジクダイやキンメモドキの魚群が大きくなるので、ダイナミックな群れを間近で見ることが出来るでしょう。